ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザインは「すべての人のためのデザイン」といわれアメリカで提唱された考え方です。「すべての人にとって、できる限り利用可能であるように、製品、建物、環境を設計すること」と定義されております。土山印刷ではユニバーサルデザインへの取り組みを行なっております。

カラーユニバーサルデザインへの取り組み

カラーユニバーサルデザインとは

人間がみな同じ見え方をしているとは限りません。遺伝子の違いやさまざまな目の疾患によって色の区別がつきにくいことがあります。 できるだけ多くの人に情報がきちんと伝わることに配慮したデザインをカラーユニバーサルデザインといいます。

カラーユニバーサルデザインの方法としては

カラーユニバーサル

色弱者に配慮した色の組み合わせに心がけて,色の違いだけに頼らないことが大切です。例えば明るさの違う色を組み合わせたり、境界線を強調します。 このようなことに配慮し、カラーユニバーサルデザインへの取り組みを行なっております。

点字印刷への取り組み

点字印刷

土山印刷では年齢や障害の有無を問わず、すべての人にとって使いやすいデザインへの取り組みをしており、その一つとして点字カレンダーの制作を行ないました。制作にあたって、現在出回っている点字の印刷物を集めたものを、視覚に障害のある方の自立と社会参加を応援する団体の社会福祉法人ライトハウスの専門家の方に見て貰った所、印刷物における点字の精度があまりよくないことが分かりました。

そこで土山印刷では、ライトハウスに監修していただき、内容、印刷加工ともに精度を高めるべく制作を始めました。最終的な印刷加工についても、凹凸が分かりやすいよう品質を重視して仕上げ、ライトハウスの専門家や実際に点字を利用している方に見て貰った所、一定のレベルをクリアしているとの評価をいただきました。

点字は、触れて読みとる文字情報です。目で読む普通の文字と比べると制作上の制約が多くあります。文字の大きさや表記の仕方、1ページに入る文字の量や位置など様々なルールがあります。現在、数々の出版物が点字に翻訳されてきておりますが、その数はまだまだ微々たるものといえます。点字印刷には現在、凹凸などの高さを定めた基準はありません。作り方によって高さや大きさがバラバラというのが現状です。しかし、一定の高さと大きさがないと点字印刷を利用している人にとっては読み取りにくいといった問題が起きます。

土山印刷では、一番大切な事は利用される方が使って読みやすい事が大切だと考えて、現場の人や専門家の方の生の意見を取り入れながらユニバーサルデザインへの取り組みを行なっております。

この点字カレンダーは地球にやさしいFSC認証紙( ⇒会社概要「FSC森林認証」)を使用し、 「京すりもの」の京都にちなんだ12色を使用しております。

ユニバーサルデザインはすべての人のためのデザインであり、ユニバーサルデザインを追求する事は、すべての人に価値があります。土山印刷では社内で勉強会を開催し、多くの社員が知識を深めております。

お問い合わせ

上記のサービスについてのお問い合わせ・お見積もりのご依頼は、下の「メールフォーム」もしくは「お電話」にてお願いいたします。
後ほど折り返し担当者よりご連絡を差し上げます。

  • メールフォームからお問い合わせ
  • お電話でお問い合わせ:075-312-1321

プロモーションサービス メニュー

印刷通販プリントプリウス
カタログ印刷・チラシ印刷などのオフセット印刷通販をお求めの方はプリントプリウスへ!

border

土山印刷のウェブマガジン
月1回発行のウェブマガジン。土山印刷のサービスや技術の紹介や京都の祭事やグルメ情報が満載!

総合カタログ制作

カタログ診断サービス

調達行動基準 / 調達基本方針