品質管理

印刷物におけるお客様の要求品質とは「これと同じものを作って欲しい」と言って示される印刷原稿に集約されており、土山印刷はその原稿に、より近いものを再現することに日夜努力しております。
この世に存在する全てのものにはバラツキが存在します。
印刷物も然り、原稿と同一のものを大量に作ることは至難の業ですが、少しでもバラツキの範囲を小さくして、お客様に喜んでいただける商品を提供することに努力しております。

ここでは土山印刷が取組んでいる日頃の品質管理活動の概要をご紹介させていただきます。

印刷原稿

先ずお客様の要求品質を正しく把握することが最も重要です。特に印刷においてはこれが正しい色と言うものが決まっておらず、お客様が要求された色が正しい色であり、要求される内容が正しく反映された校了原稿を入手することが重要です。

生産現場には「原稿が唯一総てのもの」との認識を徹底させており、原稿にお客様のOKサインがあれば迷うことなく自信をもって印刷に専念することができ、それが結果的にお客様に喜んでいただけることに繋がると信じております。

生産現場

制作→製版→印刷→加工→仕上→検品→配送に至る全工程について、夫々の工程毎に品質管理工程図を整え、各ステップ毎にチェックすべき項目とその判定レベルと判定方法及び実施担当者を明確にして役割と責任の明確化を図っております。

検版・検品

制作から出荷までの各工程においてやりすぎではないかと思える程のチェックや検版、検品を実施して「土山品質」を保ち、お客様から高い信頼を得ております。

  • ・制作段階においてはデジタル検版装置による文字検版と人による2重の検版
  • ・製版では入稿から下版までにデジタル検版を含め3度のチェック
  • ・CTP版を焼く際には版データをモノクロ紙で出力し、原稿を検版器に掛けて検版
  • ・印刷途中における抜き取りや刷り取りのチェック
  • ・商品検品課にて、医薬品の能書等の重要品の全数個別検品

品質管理室

基準書の管理と教育

作業のバラツキを無くする上においても、又不良やクレームの再発防止の歯止めのためにも明文化された基準書は極めて重要であり、常に現状にフィットした活きた基準書の管理社員教育をしております。

品質パトロール

現場で現物を見ることは日常の品質管理活動の上で極めて重要なことであります。毎日午前と午後に各1回品質管理室による現場のパトロールを実施して危険予知に努めております。

品質情報の収集管理

各職場単位で日常特に留意すべき品質管理指標を定め、その結果を取りまとめ毎月単位で全社にフィードバックして品質意識の啓蒙を図っております。

品質意識の啓蒙活動

毎年11月に全国レベルで展開される品質月間に先立ち、毎年9月を品質強調月間と定め、ポスターの掲示や品質標語の唱和等により品質意識の啓蒙を図っております。

品質を第一義と心得、いい製品作りに真正面から取組んでおります。これからも管理のサイクル(PDCA)を回しつづけ「土山品質」をブラッシュアップし、末永くお客様に信頼され喜ばれる会社にしてまいります。

お問い合わせ

上記のサービスについてのお問い合わせ・お見積もりのご依頼は、下の「メールフォーム」もしくは「お電話」にてお願いいたします。
後ほど折り返し担当者よりご連絡を差し上げます。

  • メールフォームからお問い合わせ
  • お電話でお問い合わせ:075-312-1321

印刷サービス メニュー

印刷通販プリントプリウス
カタログ印刷・チラシ印刷などのオフセット印刷通販をお求めの方はプリントプリウスへ!

border

土山印刷のウェブマガジン
月1回発行のウェブマガジン。土山印刷のサービスや技術の紹介や京都の祭事やグルメ情報が満載!

総合カタログ制作

カタログ診断サービス

調達行動基準 / 調達基本方針